メイン

2007年07月01日

技術系記事は

はてなで書いてるです。

http://d.hatena.ne.jp/sotarok/

こっちの情報ちょと古いかもです?
わからないです

2007年03月24日

パッケージインストールのhttpdに手動コンパイルphpを組み込む場合

http://www.sotaro-k.com/blog/archive/2006/12/post_87.html

こちらで泣き言ほざいてましたが、ずいぶん前に解決したのに追記するのわすれてました。


要するに、apxsがあればいいのです(笑)


というわけで、phpのconfigureで、

--with-apcs2=/etc/httpd/bin/apxs


とするだけでした!

yumでインストールするのは便利だけど、
各種設定ファイルとかがどこに置かれるのか最初わからなくて戸惑った。

とりあえずこんなカンジ。

2007年03月13日

久々にサーバと戦って息絶えそう qmail-remote-auth

あーいつの間にかこんな時間だよママン。

というわけで久々にサーバと戦ってます。
というのも、うちで使ってる自宅サーバからメールが配信できなくなった。

その理由は、これまでテスト運用だったプロバイダの中継サーバが、
正規版リリースとかぬかして、「SMTP認証しないとメールおくれましぇ~ん」と言ってるからです・・・。


で、現在対策を模索中。
もちろんWindowsのメールクライアントから送信するときは、
「このSMTPサーバには認証が必要」的なやつにチェック入れればいいんだけど、
問題はサーバからの配信よね・・・。

うちではqmail使ってるから、色々調べてみたんですが、

qmail-remote-auth

というパッチを当てればOKとのこと。
で、当ててみた。

色々試した。


全然デキネ。

なんで?

メールが帰ってくるんだよね~
中継サーバには

「530 Need AUTH before MAIL」

て言われる。

うーん、つまり認証できてないのかな。。

でも、qmailが吐き出すエラーは

Connected to xxx.xxx.xx.xx but sender was rejected.

なんだよね。
これって、qmail-remote.c 見たけど、
AUTHした後のメッセージのような気がするんだけど・・・


と、色々考えてみたけど解決には至らず・・・(;;


とりあえず使えそうな(使ってる)サイトメモっとく。

http://tomclegg.net/qmail/#qmail-remote-auth
http://wiki.nothing.sh/page?cmd=read&page=memo%2F%BB%AA#content_1_23
http://maglog.jp/grandvelo/index.php?module=PB
http://search.luky.org/linux-users.a/msg02379.html

2007年03月08日

セキュリティ

自宅サーバ1日動かしてただけで、
SSHへの不正アクセス試行が200回近くもログに残っているんだから、
ちゃんとしてなきゃ世の中相当危険よね。

まぁうちはどうせSSHにはRSAキーが必要だから、
パスワード試行しても意味ないからいいんだけど・・・

うーん

セキュリティ面ももっと勉強しなきゃですね。

2007年01月16日

メールサーバ4 qmail * sendmail * SELinux

というわけで、こないだから超悩んでたqmailの設定について。


というか、実際はqmailの設定ではなくて、
SELinuxの設定だったんだけど・・・

どうやらSELinuxがsendmailの権限を制御してたみたいで・・・。
てかSELinuxの設定難しくて意味不明だし(笑)

というわけで、結局

# vi /etc/selinux/config

SELINUX=enforce

SELINUX=disable


と変更しておしまい。

なんかちょっとセキュリティ上問題がある気が・・・(笑)
SELinuxをきらずにsendmailできる方法がわかったらまた報告します。

2007年01月10日

PHPのリコンパイルで死ぬほどつまづく

4時間くらい悩んでた・・・・・・・かもorz


ホントつかれた・・・・


でもできたからよかった・・・。


明日英語の試験のような気がします(笑)

2007年01月08日

メールサーバ3

ようやく受信も可能に。

・・・何が間違っていたかというと、
やっぱりDNSサーバの設定。

DDNSを使っているから、ちょっと複雑になったり・・・

しかもsotaro-k.comはレンタル鯖で、サブドメインだけDDNSで更新してるから
またちょっと複雑に。。。


まぁできてよかった。

でもまだ解決していない・・・

phpからメールが送信できない(笑)

なんでだ。。

これ解決したら一通り構築完了ですナ。

そしたらwebmailとかつくろ♪

メールサーバ2

・・・できた。(笑)

送信できた~

原因は、リレー設定。うちの場合プロバイダがport25を制限してるから、
プロバイダのSMTPサーバに中継しなきゃいけなかったんだけど、
qmailの設定で、

/var/qmail/control/smtproutes

に、

xxx.xxx.ne.jp

を記述してたんですが、正しくは

:xxx.xxx.ne.jp

でした。

:

が抜けてました。


できたできた。
しかし・・・
受信ができないという・・・orz

メールサーバ

全然できん(笑)

なんでだろ?

内部で送信はできるんだけどな・・・。

いけないのは・・・

もしやネームサーバか・・??

いやしかし・・・・・

むう。。。

2006年12月15日

mod_ssl

# rm -f ssl.*/server.*

が必要だった。

2006年12月14日

php5 ./configure

php5

# ./configure --help

の無いようを覚書。

続きを読む "php5 ./configure" »

telnetサーバの導入

まぁ、ローカルからのアクセスでSSHはいちいちめんどいので、
telnetを入れる。


# yum -y install telnet-server

■ローカルからのアクセスを許可
# vi /etc/hosts.allow
in.telnet : 192.168. 127.0.0.1

■telnetの設定ファイルをいじる
# vi /etc/xinetd.d/telnet
disable = yes

disable = no

■スーパーサーバの再起動
# /etc/init.d/xinetd restart


まぁtelnetは暗号化されてない(平文)なので、
WANからのリモートアクセスはしなように、ってことで(笑)

yum install httpd-devel

# yum -y install http

で、Apache2が一発で入るのでが、
どうもなにか足りないらしい。

php5をapacheモジュールに組み込むために必要な

apxs (apxs2)

が、存在しない。
これがなかったら、
libphp5.so
の生成ができない。

と、いうわけで、apxsファイルの生成をするには、

# yum install httpd-devel

これが必要。
こうすることで、

/usr/sbin/apxs

が生成されました。

何でもデベロッパをインストールしないとダメなのね。
mysqlもそうだしね。

そんなわけで、無事にインストール完了。

OSから入れなおしてみる

と、いうことで、OS入れなおしました。笑

設定事項とか色々、カテゴリのServerとLinuxにメモっていきますノシ

2006年12月13日

おっちんじゃいそうです

Linux難しい・・・(笑)


難しいっていうか・・・


やっぱ使い慣れた(というか長い間使っている)
Windowsとちがって、根本的な仕組みを理解していないもので、
色々とまどいます。


今日やったことは、

FTPサーバのセットアップ
うまくいく。ヤター!

PHP5インストール

・・・・エラーたくさん
原因は色々インストールしてなかった

GDに必要なlibjpeg libpng など
MySQL
PosgreSQL
インストール。
php5インストール完了。

しかし、apacheにくみこめない。

yum使ったインストールでphp5てhttpdに組み込めないの?

上記疑問の正解は知らないが、俺にはどうやってもできなかった。
。。。ので
yum remove httpd (T_T)

apache2
手動でコンパイル

php5モジュール組み込み
apache2起動

エラーがたくさん

sqliteがどうのこうの?

--without-sqlite
でリコンパイル&インストール

php5組み込み成功?

xoopsインストール

・・・失敗

原因不明。
パーミッションがどうとか。
FTPユーザがわるかった?

??

といったところで今日はもうやめた!!!
やめた!!!笑


疲れた!

2006年12月12日

RTCドライバの不具合を解決。 (hwclock)

select() to /dev/rtc to wait for clock tick timed out

というエラーが、
clock、hwclock時に出てしまい、
再起動などをするとハードウェアクロックが9時間進んでしまうという事態が・・・。

これはDELLのマシンがいけない・・・らしい?(笑)

とりあえず以下の解決策で解決済み。

----

# vi /etc/sysconfig/clock

CLOCKFLAGS=--directisa
を追加。

-----

再起動すると、ちゃんと日本時間に合います。。

2006年12月10日

パソコンかいました

3台目ー!!!

ってつっこまれましたよ、彼女に。


しかも今のPCは8月に買ったばかりの超ハイスペックパソコン。

なのになぜパソコン買った!?


・・・


・・・というわけで、今回買ったのは普通に使う用じゃなくて、
サーバ機としてです。

前々から買おうと思ってたんだけど、
なんかタイミング逃してしまってて・・・


でも最近さらにステップアップを目指してる自分としては、
いつまでもレンタルサーバだけじゃ成長に限界が見えてきまして・・・

というのは、PHPフレームワークとか使えるレン鯖ないからね。

xoopsはもう一通り大丈夫だから、
さらに開発効率やクオリティ向上を目指して、
自宅鯖を立ててみることを決意。

いまさら、だけどね・・・(笑)


そんなわけで、入れましたよLinux。
CentOSの4を入れました。

とりあえず、現在できるようになったことは、
telnetとRSA認証のSSHでwindowsからアクセスできるようになったこと!
(もちろん外部に公開してないからLAN内で)

これからはwindows端末からアクセスして色々設定しようと思いマース。


ひとまず、LAN内で閲覧可能なHTTPサーバでも立てようかな(笑)


鯖スペック ----
Celeron 1.7Ghz
Memory 216MB
HDD 20GB
OS Linux CentOS4.4

中古で1万5千円でした(笑)結構お買い得ですよ。

サーバー構築

に関することをここにメモしようかな~って思います(笑)