G R A N A D A > ブログ >

« Thunderbird2.0のバグ | メイン | Ethna AppObject »

タグ機能

タグ機能。

ウェブ世界の常識がまた移行しましたよね。
最近では、「カテゴリ分け」よりも「タグづけ」が主流になってるわけで。
まぁ最近つってもちょっとネタにするの遅い気もしますが(笑)


カテゴリわけといったいどう違うのか、という点ですが、
例えばヤフーカテゴリの場合、「ヤフーが用意したカテゴリ」に当てはまるものを探すわけです。

カテゴライズというのは、基本的に、
そのカテゴリを用意する人間(あるいはコンピュータ)が
どこかにいて、それに沿って何かを整理しようとする人間がいる。

もちろんこれにも利点があって、情報は非常に整理されやすなります。
誰の目が見ても一定の基準に従って分類されているわけなので。


ではタグづけのなにが違うかというと、
タグは、なにかのサービスを利用する人間が
自分の提供する情報についてのカテゴリやキーワードを決められる、という点です。

今まではヤフーやらどこやらが用意していたカテゴリの元に自分の情報を発信してきたものを、
自分や、他のユーザが作ったカテゴリの元に情報を公開していく。
なにかでまとめて分類してやろうという姿勢はカテゴリとかわらないわけですが、
ここに何かの基準は存在せず、フィルタのかからない情報分類ということになるわけですね。

つまり、同じ情報を公開した人(ブログにせよソーシャルブックマークにせよ)の情報が得られやすくなるわけです。

かなり小さな、でも革新的な変化だと思います。


というのが前ふり・・・。


機能ってどうやって実装すればいいかな?

いいかな?

というよりも、どうやるのが標準的かな?という疑問です。

例えば、MTならば、

・エントリーテーブル
・タグテーブル
・エントリーとタグを関連付けるテーブル

の3つが存在しているみたいです。
まぁこのブログはMT3.2なのでまだタグ機能がないんですけど(笑)
アップグレードしようかな・・・

他のところで導入したMT3.3にはタグ機能があります。
面白いですねー。


実際に導入する場合上記のやり方が一番いいんでしょうかね。

コメントを投稿

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sotaro-k.com/mt/mt-tb.cgi/300