« 2007年04月04日 | メイン | 2007年04月07日 »

2007年04月06日

グラフを作成するWEB API

http://www.jschart.jp/index.php

プレスリリースはこっち。
http://www.asial.co.jp/pressrelease/186

これはまたすごい。

JpGraphと田中さんで有名な(?)アシアル株式会社が面白いサービスを出しました。

素敵だ・・・

こうなるともーサーバ環境整えてグラフ生成スクリプト書いて・・・
って気がしなくなってきます。
商用利用にはライセンスが必要なので、企業の導入は要検討ってところですねー。

ただ、自分とこの決算の推移とか、これで出せちゃったら・・・

もうeo○とか・・・どうしちゃうんでしょ。

What I've Done

シングルの発売延期したらしい(笑)

WAVEのおにいちゃん、おこっちゃってごめんね。
(まぁ連絡くれないのがわるい)

でも5/8か。。

アルバム発売まで少しだから別にシングル買わなくていいきがしてきた。

曲もなんか微妙だし。

うーん・・・・

ウェブブラウザの標準モードと互換モード XML宣言によるIEのバグ

今まで正しく表示されていたページのレイアウトが突然ズレた。

(というか、それに今日気づいた。)

ie1.jpgというのは、GRANADAのトップページ。


XHTMLでは通常いちばん最初にxml宣言てのをしなきゃいけなくて、


<?xml version="1.0" encoding="EUC-JP"?>

こんなタグを挿入するのですが、
これが、ヤバい。
IEでバグる。(またIEか・・・)

そんなわけで、xml宣言をしたときのIEの描写。


ie2.jpgおおおお・・・
マージンの使いが全然・・・
(ホントはフッタもかなりずれてたけど回避しちゃった)


なにやら、xml宣言のあるXHTMLでは、ブラウザが「互換モード」で動作するらしい。
IEがね。
ちなみにこの動作はバグです。
普通は通常モードで動作してくれなきゃ困るんですが。

互換モードってなんじゃい・・・?

[ 互換モードと標準モード ]
 Windows版 IE6.0、Macintosh版 IE5.0、Netscape Navigator 6.2 はそれぞれ、以前との下位互換性や独自タグのサポートを含む互換モードと、DTD にないものは基本的に無視する標準モードのふたつを持っています。いずれも HTML4.0以降、および XHTML1.0 以降の DOCTYPE を宣言した際に、下表のルールで適用されます。HTMLの場合は DTD文書へのURLの有無で、XHTMLの場合は 宣言が前置するかで解釈が異なります。HTML3.2 以前の DOCTYPE の場合はいずれも互換モードです。
引用:http://multix.jp/html0203/html/docmodes.html



へえ。


要するに、IEのシェアが相変わらずなので、
xml文書の妥当性を捨てて、xml宣言をしないのが正しいのかな?


世の中そんなもんですかね・・・。


というか、こんなあからさまなバグ、
お得意のwindows updateでパッチあてろよ~っとツッコミたくなりますが、
それがさすがはあのマイクソソ○トといったところでしょうか。